グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



HOME > 各種案内 > 病院情報の公表

病院情報の公表


DPCデータを用いた病院情報の公表

DPCについて

 DPCとは、Diagnosis Procedure Combinationの略で、診断群分類を意味します。 日本では平成15年より、日本独自のDPCを用いた急性期入院医療の包括評価(定額支払い)制度をスタートしました。 当院は平成20年4月よりDPC対象病院となっております。
 包括評価には、入院基本料・検査・投薬・注射・処置・画像診断料等が含まれ、診断病名ごとに定められた一日当たりの定額点数で医療費が計算されます。 包括評価に含まれていない手術・麻酔・リハビリテーション ・一部の処置および検査等は、従来通り診療行為ごとに医療費を計算し、包括評価と合わせた金額が入院医療費となります。
 対象となる方は、医療保険(医科保険)が適用され、一般病棟に入院された方となります。 よって、自動車賠償責任保険(自賠責)や労災保険、自費等の方は対象外となります。

病院情報の公表について

 DPCデータから全国統一の定義と形式に基づいた指標を作成し、市民の方々に情報公開を行います。
当院の特徴や急性期医療の現状を理解していただくことを目的としています。

 「集計の条件と項目」については下記をクリックしてご覧ください。

当院の病院指標