グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



HOME > 診療内容 > 徐脈性および致死的な不整脈に対するペースメーカー治療

徐脈性および致死的な不整脈に対するペースメーカー治療



PMI (ペースメーカー植え込み術) とは?

 PMI (ペースメーカー植え込み術/ Pacemaker Implantation)は、心臓の拍動を正常の回数に保つ役割をもつ医療機器ペースメーカーリードと呼ばれる電線を鎖骨より下方の皮下に植え込む治療法です。ペースメーカーは、患者さんの心臓の状態に合わせて、心臓に電気刺激を送り、心臓を拍動させます。
   
提供:日本メドトロニック

 また、カプセル型でリードがないタイプのリードレスペースメーカーは、心臓に直接留置させるため、治療のための時間が短縮し、治療による傷が残らないなどの利点があります。
   
提供:日本メドトロニック

ICD (植え込み型除細動器) とは?

 ICD (植え込み型除細動器/Implantable Cardioverter Defibrillator)は、心臓の拍動を正常の回数に保つ役割をもつ医療機器ICDリードと呼ばれる電線を鎖骨より下方の皮下に植え込む治療法です。
 ペースメーカーが徐脈に対する治療を行うのに対し、ICDは心室頻拍、心室細動という致死的な不整脈に対する治療を行います。



CRT (心臓再同期療法) とは?

CRT (心臓再同期療法/Cardiac Resynchronization Therapy)は、2本のリード心室側に留置し、血液を送り出す役割もつ左心室を挟み込む形で刺激することで血液を効率よく送り出せるようにします。
患者さんの症状に合わせて、CRTとICDの機能の併せ持つCRT-D(両室ペーシング機能付き植込み型除細動器)と呼ばれる医療機器を使用することもあります。 



各種治療法の対象となる疾患

  洞不全症候群
 心臓が拍動するためのペースメーカーの役割をする洞結節が機能不全を起し、心拍数が減少する不整脈です。めまい・失神・息切れ・疲れやすいなどの症状がでます。

  徐脈性心房細動
 心房全体から電気信号が不規則に発生し、それが心室に伝わるために脈が不正になります。その時、電気信号を心房から心室へ中継する房室結節に機能不全があると電気が伝わり難くなり脈が少なくなってめまいや失神が起きます。

 房室ブロック
 房室結節の機能不全によって、心拍数が減少する不整脈です。めまい・失神・息切れ・疲れやすいなどの症状がでます。

  心室頻拍
 心室といわれる心臓の下の部屋が1分間に120回以上収縮する不整脈です。
  心室細動
 心室が痙攣(けいれん)を起こしたように収縮し、全身に有効に血液を供給できなくなる不整脈です。心室細動が起きると、数秒で意識がなくなり、直ちに心室を規則正しい拍動に戻さなければ死に至ります。

  重症心不全
 心臓のポンプ機能の低下が極めて高度になり、肝臓や腎臓、脳などに必要な酸素を供給できなくなり、これらの臓器の機能が障害され、命に関わる危篤的な状態をいいます。

北海道循環器病院での治療の特色

ペースメーカーによる治療
 リードを使用するペースメーカーでは、右心房から右心室への刺激伝導系において障害を起こした部位を電気的にバイパスすることで治療することができるのです。リードを留置する位置によって心臓の機能をより発揮させることができます。平均的な治療の時間は30~60分です。
リードレスペースメーカー
 当院では、適応のある患者さんに対して、リードレスペースメーカーを積極的に選択しています。2018年2月から2019年1月まで38名の方々に植え込みを行い、とくに合併症はありませんでした。治療中に心臓の形態や状況を見ることができるマッピングシステムを利用して、 術者の習熟度を高めることにより、安全な治療を提供しております。平均的な治療の時間は10~15分です。

提供:日本メドトロニック
患者さんの症状に合わせて、ICD(植込み型除細動器)、CRT(心臓再同期療法)に加え、ICDとCRTの機能の併せ持つCRT-D(両室ペーシング機能付き植込み型除細動器)を用いた治療も積極的に取り組んでおります。ペースメーカーに比べて大型になるため、体内への植え込みには感染症が発症する可能性がありますが、最新の医療機器を使用し、治療時間を短縮し、リスクを軽減しております。また、治療後の管理も安全のために行っております。平均的な治療の時間は、ICDで30~60分、CRTで90~180分です。

診療実績


治療体制

 PMI・ICD・CRTの治療は、循環器内科の医師と看護師、診療放射線技師、臨床工学技士から成るチームで治療しております。