グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



HOME > 診療内容 > 狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患に対する カテーテル治療

狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患に対する カテーテル治療



PCI (経皮的冠動脈形成術) とは?

 PCI (経皮的冠動脈形成術/Percutaneous Coronary Intervention)は、カテーテルという細長く柔らかいバルーン付きの管を使い、狭くなったり、閉塞した冠動脈を拡げる治療法です。
 治療に際しては、下肢の大腿動脈または上肢の橈骨(とうこつ)動脈や上腕動脈からカテーテルを挿入し、胸部大動脈を経由して、冠動脈に生じた狭窄部まで進めて治療を行います。

バルーン血管形成術

 バルーン(風船)カテーテルを冠動脈に挿入し、先端にあるバルーンを拡張して狭くなった冠動脈を拡げる治療法です。
冠動脈ステント留置術

 ステントという拡張できる小さい網目状の金属の筒を血管内に留置して、再閉塞を予防します。留置術後にステントは冠動脈内に留まり血管を内腔から支え続けます。
   

対象となる疾患

  狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患が対象となります。
  狭心症
 動脈硬化や一時的な血管の痙攣(けいれん)により、心臓の筋肉に酸素やエネルギーを送っている冠動脈の内腔が狭くなり、心臓が活動するために必要な血液が十分に供給されなくなることで起こる病気です。狭心症には、以下の通り、いくつか種類があります。
  労作性狭心症
 主な症状は、労作時(走ったり、階段を登ったりした時など)「胸が痛い」、「胸に圧迫感がある」、「胸が締め付けられる」といった症状があらわれます。
  冠攣縮(かんれんしゅく)性狭心症
 主な症状は、安静時、特に夜間から早朝にかけて寝ている時に、「胸が痛い」、「胸に圧迫感がある」、「胸が締め付けられる」といった症状があらわれます。
  心筋梗塞
 冠動脈が血のかたまり(血栓)で完全に閉塞してしまい、心臓の筋肉へ酸素やエネルギーの供給が途絶えることにより、その部分の筋肉が壊死してしまう病気です。
 主な症状は、「胸が痛い」、「胸に圧迫感がある」、「胸が締め付けられる」といった狭心症と同様の症状ですが、より激しく、冷汗をともなうことがあります。突然生じた激しい胸痛が15分以上続く場合は、心筋梗塞の可能性があります。

北海道循環器病院での治療の特色

1.冠動脈ステントによる治療
 北海道循環器病院における冠動脈ステント治療は、狭くなった冠動脈の内腔にステントを安全に正確に留置する方法にこだわっております。冠動脈の部位による運動や形状の変化、血流の状態に応じて、また、様々な硬さを持つ動脈硬化病変に応じてステントを拡張して狭くなった血管をおし拡げます。ステント治療を行った後も、ステントが変形したり、薬剤の副作用が出現しないように経過をみていきます。
2.ステントを使用しない、特殊な薬物を塗布したバルーンによる治療
* 薬物塗布バルーンには、適応病変があります。
 ステントが留置できない状態の患者に対して、ステントという金属の力を借りずに風船の力で狭くなった血管を拡げ、そこに薬物を塗布して再狭窄を予防する治療法です。当院で開発に寄与した特殊な風船を用いて治療を行い、良好な成績を収めています。

診療実績

PCI (経皮的冠動脈形成術) の詳しい実績については、こちらをクリックしてご覧ください。

治療体制

 PCIの治療は、循環器内科の医師と看護師、診療放射線技師、臨床工学技士から成るチームで治療しております。