グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



HOME > 診療内容 > 心臓リハビリテーション

心臓リハビリテーション


「心臓リハビリテーション」あまり聞き慣れない言葉で、何のことだろうと思った方も多いのではないでしょうか。また、聞いたことのある方でも、トレッドミルの上で歩くことが「心臓リハビリテーション」だと思っている方もいらっしゃると思います。実は、この「心臓リハビリテーション」という考え方はとても新しい概念で、急性心筋梗塞や心臓手術後の急性期の管理が飛躍的に向上したことによって、ここ数年で広く認められるようになってきた考え方です。

心臓リハビリテーションの適応と禁忌

適応疾患

心筋梗塞 労作狭心症
心臓手術後(冠動脈バイパス 弁置換術等)
軽症~中等症の心不全
生活習慣病(高血圧 高脂血症 糖尿病等)

禁忌疾患

2日以内の心筋梗塞
内科治療により安定していない不安定狭心症
コントロール不良の不整脈
急性の心筋炎・心膜炎

心臓リハビリテーションのプログラム内容とその目的

心臓リハビリテーションは心機能の回復の状態によってプログラムと目的が変わります。

急性期心臓リハビリテーション

心臓病というと、弱った心臓に負担をかけないようにできるだけ安静にして回復を待つ、というのが一般的だった時代がありました。

しかし長期間安静にしていると、むしろ心臓の機能は低下してしまい、さらに全身の筋肉も衰えて回復に非常に時間がかかるため、経済的にも社会的にもこうむる損失が大きいことが解ってきました。
また急性期の治療方法や手術方法の進歩によって、心臓が受けるダメージも格段に少なくなってきました。
そこで、できるだけ早くベッドから離れ、積極的に運動をして、早期の社会復帰を目指すという考え方が現在では主流になっています。また、社会復帰後も適切な運動を続けることで、心肺機能の低下を予防することに役立つことが、科学的に明らかになってきています。
目 的 早期の離床~退院(社会への復帰)
開始時期 心筋梗塞等の血管内治療等においては翌日から
バイパス手術等においてはICU・CCU(集中治療室)入室時から
必要な検査 運動負荷試験
プログラム ・安静状態から起き上がりベットサイドに座わる
・立位~廊下歩行
・階段昇降
・トレッドミル

回復期心臓リハビリテーション

当院に入院されたことのある方は、きっとトレッドミルの上を歩いて運動したことがあるとおもいます。入院治療が必要な場合には、運動量を低くコントロールできるトレッドミルの運動が適しています。しかし、病状の不安定な時期を乗り越えると、心と体に新たな「生」の息吹を与える次のステップが必要です。多くの方は、心臓病があるために、ひどく日常生活を制限しているのが現状です。そのために、発病前に楽しんでいたスポーツも、あきらめている方が多いのではないかと思います。さらに、退職や転職といった、病気に起因する社会生活の変化も加われば、ともすれば、日々をゆううつなものにしてしまったり、自己表現の目標を見失ってしまったりすることにもなります。

当院で行っている「心臓リハビリテーション」では、スポーツの要素を加えた積極的な運動療法を主軸としたプログラムを実施しています。ストレッチング、自転車運動、エアロビックダンス、ミニソフトテニス、卓球などのメニューをいくつか組み合わせて行います。この運動を通して、自分の体がどのくらいの運動まで行うことができるのかを体験していただき、運動することのよろこびと、体力の増進を感じていただきたいのです。

また、集団で同じ種目の運動を行いますので、参加者同士のコミュニケーションが盛んになり、闘病の体験や日常生活上の工夫、運動を生活の中に定着させるための方法など、情報交換の場としても大変大きな意義があります。一人で病気と向き合うのではなく、同じ病気をもった仲間と一緒に健康を取り戻していく、このことは運動を継続的に行っていくための、そして有意義な人生を創造していくための励ましと大きな糧になると確信しております。このように「心臓リハビリテーション」は、一度は心臓病を患った方々が、これからの生き方をより前向きにとらえ、積極的に実践していく過程であると言えます。
目 的 運動習慣の確立 再発の予防(社会への復帰)
開始時期 退院後 定期的な通院による
必要な検査 運動負荷試験
プログラム ・ストレッチ
・自転車エルゴメーター
・エアロビックダンス
・集団スポーツ療法(卓球・室内テニス)

維持期心臓リハビリテーション

維持期心臓リハビリテーションでは、急性期や回復期のリハビリの効果によって心機能等に改善がみられた結果、その安心感からか途中で参加をやめてしまう方がいることから、運動習慣の長期的な継続と更なる運動耐用能の向上を目的として、自転車エルゴメータや卓球、室内テニスなどを用いた集団スポーツ療法の他に、季節的なプログラムとしてハイキングや藻岩山登山、スキー等を取り入れています。
心筋梗塞等の心疾患は長期的な視点でみていかなければならなりません。しかし、日常生活のなかには飽食の時代にあって、誘惑の多い食事は数多くあることから、正しい知識をもって食生活等の生活習慣の改善を続けることが再発の予防につながります。そうしたことから当院では維持期心臓リハビリテーションに患者教育の機会の場が必要であると考え健康料理教室等を行っています。
目 的 運動耐容能の維持・向上と動脈硬化性疾患の基礎にある生活習慣の改善
必要な検査 運動負荷試験
運動プログラム ・ストレッチ
・自転車エルゴメーター
・エアロビックダンス
・集団スポーツ療法(卓球・室内テニス)
・季節プログラム(ハイキング・藻岩山登山・スキー)
患者教育プログラム 維持期 心臓リハビリテーションにおいては、運動プログラムの継続と共に、再発予防のための食事指導等の教育プログラムが大切です。当院では、栄養相談室の管理栄養士により「健康料理教室」を定期的に開催し、患者さんとともに、ご家族にも「正しく」「無理なく」「楽しい」食事について知る場を設けています。

イベント情報はこちら

運動負荷試験

運動負荷試験

心臓リハビリテーションを安全に効果的に行うためには、個々の患者さんの運動耐用能(有酸素運動の許容範囲)を正しく知っておく必要があります。
そこで行うのが心肺運動負荷装置(CPX)という装置を使用した運動負荷試験です。呼吸中の酸素と二酸化炭素を測るマスクをつけて自転車エルゴメータをこいでもらい、酸素不足状態になる前の、息切れしない状態(この運動強度を無酸素性作業閾値:ATといいます)。の測定とともに、患者さんの自覚的運動強度(ボルグスケール)を調べることによって現在の心機能に見合った適切な運動量を設定します。

心臓リハビリのポイント

運動療法を安全に → 無理はしない、やりすぎは厳禁
運動療法を確実に → 運動耐用能にあった適切な強さと時間。軽すぎは効果なし
食事指導や禁煙指導もあわせて行う → 運動だけでは不十分、患者さんのモチベーション(意識)を高く
長く継続 → 継続は力なり。

心臓リハビリの効果

心臓リハビリテーションによる運動能力の効果について、国立循環器病センター心臓血管内科(リハビリテーション治療科) 後藤 葉一医師の調査結果によれば

この結果から見ても、心臓が弱くて運動能力が低い人であっても、心臓リハビリテーションによって運動能力の大きな向上が期待できることがわかります。
運動能力が増加し、楽に動けるようになる。
狭心症や心不全の症状が軽くなる。
不安やうつ状態が改善し、快適な社会生活を送ることができる。
動脈硬化のもとになる危険因子 (高脂血症、高血圧、糖尿病、肥満) が軽くなる。
血管が自分で広がる能力 (血管内皮機能) や自律神経の働きがよくなるとともに、血栓ができにくくなる。
心筋梗塞の再発や突然死が減り、死亡率が減少する。 (3年間で約25%の死亡率低下)
※国立循環器病センター心臓血管内科 (リハビリテーション治療科) 医長 後藤 葉一氏
 心臓リハビリテーション入門より引用