グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



HOME > 診療内容 > 頻脈性不整脈に対するカテーテル治療

頻脈性不整脈に対するカテーテル治療



カテーテルアブレーション (心筋焼灼術) とは?

 カテーテルアブレーション(心筋焼灼術/Ablation)は、不整脈の治療法の一つで、心臓の中に電極付きの細長く柔らかいカテーテルを 挿入し、不整脈の原因となる心筋細胞を焼灼する治療法です。
 カテーテルアブレーションの優れた点は、薬剤による治療とは異なり、多くの頻脈性不整脈の根治が可能なことです。心臓の立体画像をコンピュータ画面に映し出し、心臓内の形態と不整脈の発生状況を見ることができる三次元マッピング装置を併用することにより、治療に要する時間が短縮することができ、より安全に治療を行えるようになっております。


対象となる疾患

主に心房細動、心房粗動、発作性上室頻拍、期外収縮、心室頻拍などが対象となります。
  心房細動・心房粗動
 正常な心臓は、安静時で規則的に1分間 60~80回拍動しています。心房細動は、心房といわれる心臓の上の部屋が不規則な心筋収縮1分間に300回以上心房粗動は、規則的な心筋収縮1分間に240回以上起きる不整脈です。     
 動悸めまい脱力感胸の不快感などを覚えることもありますが、自覚症状がない方もいらっしゃいます。心房内に血液のかたまり(血栓)ができやすくなり、血栓が心臓から流れ出て脳や全身の動脈を塞ぐと脳梗塞や血栓塞栓症を引き起こすことがあります。
  発作性上室性頻拍
 発作的に脈がはやくなり、しばらく続いたあとに突然停止する不整脈です。発作性上室性頻拍には、房室結節回帰性頻拍、房室回帰性頻拍、心房頻拍と呼ばれる3種類があります。発作性上室性頻拍の症状は、主に動悸めまいふらつきを覚えることがあります。
  期外収縮
 正常な拍動の間に時々不規則な拍動としてあらわれる不整脈で最も頻度が 高い不整脈です。期外収縮は、自覚症状のない場合が多いですが、症状を感じる場合は、脈が飛んだり、胸の不快感を覚えることがあります。
  心室頻拍
 心室といわれる心臓の下の部屋が1分間に120回以上収縮する不整脈です。

北海道循環器病院での治療の特色

 当院では、最新のEnSiteシステム (三次元マッピングシステム) を導入しており、心電図を記録するシステム (EP Workmate:アボットジャパン社製) と連動させることにより、治療をより安全に行うことが可能となっております。また、X線透視時間も大幅に短縮でき、被ばく低減に貢献しています。

治療体制

 カテーテルアブレーションは、さっぽろ不整脈クリニック 院長 櫻井 聖一郎先生と当院の認定心電検査技師や不整脈関連専門臨床工学技士など資格を有した職員や看護師、診療放射線技師から成るチームで治療を行っております。

 アボットメディカルジャパンの協力のもとに実施しているアブレーション見学会では、全国から多くの医師や臨床工学技士が見学に訪れ、当院の治療技術やシステムに関するレクチャーを受けております。

治療をより安全に行うための最先端のシステム

診療実績